キッチン リフォーム

あなたのキッチンリフォームをかなえます!安心価格・安心施工のキッチンリフォーム

リフォームをするにもいろいろとご不安もあるかと思いますが、女性スタッフが最初から最後まで担当者は変わることなく、じっくりとお話をお伺いいたしますので、キッチンはリノリフォームにお任せください!

ご自宅のキッチン、こんな”お悩み”でお困りではありませんか?

キッチンが古くて気になる・・・

お手入れをもっと簡単にしたい・・・

広くて動きやすいキッチンに・・・

リフォーム自体に不安が・・・

こんな不安や悩みをお持ちなら、まずは、キッチンリフォームのポイントを確認していきましょう!

※ サンウエーブのキッチンを例にリフォームのポイントを記載しています。

お手入れのしやすい素材や設備機器を選びましょう!!!

システムキッチンのパーツや設備機器には、お掃除がしやすいように作られているものがたくさんあります。そうしたものを選べば、キッチンをキレイにするのもラクになります。それぞれのパーツや設備機器の選び方のコツをお教えしましょう。

ラクにキレイを保ちたい! <素材編>

カウンタートップ

カウンタートップにはステンレスと人造大理石がありますが、ラクにキレイを保ちやすいのはステンレス。もともと水に強く汚れもタワシなどでこすり落とせる丈夫な素材で、最近では表面の傷をより目立たせなくする工夫が凝らされています。

壁材

キッチンの壁材として専用パネルが商品になっています。目地が少なく表面がつるつるして、汚れがついてもスポンジで簡単に落とせるのでおすすめ。インテリア重視派にはタイル張りの壁も人気ですが、目地のお手入れが必要になりますから、お掃除嫌いの方は避けたほうが無難でしょう。

扉材

様々な材質や表面仕上げのものがたくさんそろっていて、どれを選んでも安心。すべての扉材にシリコンコートによる処理がなされていて、汚れ落ちがよくなっています

お手入れもラクがいい!<設備機器編>

コンロ

ガスコンロなら、トッププレートがガラスのタイプ。拭き掃除がしやすくて人気です。 ガスバーナーの中に煮汁が入りにくくしたり、プレートのまわりにフレームをなくして汚れをたまりにくくするなどの配慮もあります。 IHクッキングヒーターなら、もともと表面に凹凸がなくスッと拭くだけでキレイになるのでさらにラクですね。

レンジフード

フードをスリムにして、内部のフィルターをなくしたレンジフードが登場しました。お手入れはパネルの表と裏面を拭き、あとはオイルトレーに溜まった油や水分を処理するだけ。フィルターが目詰まりして吸い込みが悪くなるそんな悩みもなくなりますよ。

シンク

シンクの排水口は、これまでは深くてゴミが詰まりやすいのが難点でした。でも最近では、浅くて凹凸が少なく、ゴミカゴと目皿、カップが設置され、それぞれが取り外しがきくようになっています。このようなところにも注目してキッチンを選ぶと清潔が保ちやすくてうれしいですね。

水栓金具

吐水口がシャワーに切り替えられ、しかもホースを引き出して使えるタイプがおすすめ。ホースが引き出せると、使い終わったシンクを隅々まで水を流しながらお手入れできてとても便利です。

システムキッチンで、理想的な収納を実現!!!

システムキッチンのキャビネットはとても機能的にできています。システムキッチンを取り入れれば、今お話ししたような3つのポイントをそのまま実践することができます。フロアキャビネット、吊戸棚、トールキャビネットなどの種類があり、それぞれのサイズや内部のパーツのバリエーションが豊富にそろっています。上手に組み合わせて、わが家流に使いやすいキッチンを工夫しましょう。

キッチンのちょうどいい高さを選びましょう!!!

身長に合わないキッチンで作業を続けると、必要以上に疲れたり、腰痛の原因にもなります。いちばんラクな姿勢でキッチンを使えるのが、下に書いた計算式で導き出される高さだといわれています。〈ピット〉では、カウンターの高さにバリエーションを持たせ、2.5㎝刻みで選べるようにしています。ピッタリサイズのキッチンで快適なキッチンライフをすごしてみてはいかがでしょう。
キッチンリフォーム1 キッチンリフォーム2 キッチンリフォーム3 キッチンリフォーム4 キッチンリフォーム5 キッチンリフォーム6 キッチンリフォーム7 キッチンリフォーム8 キッチンリフォーム9 キッチンリフォーム10 キッチンリフォーム11 キッチンリフォーム12 キッチンリフォーム13 キッチンリフォーム14 キッチンリフォーム15
1 / 212
ページトップに戻る